名称 一般社団法人 日本琺瑯工業会
設立 昭和51年8月28日
所在地

〒116-0002
東京都荒川区荒川7丁目20-1

イーストヒル町屋205号

TEL (03)(3623)2989
FAX (03)(6806)5601
Email: horo.or@nifty.com
会員

正会員 (琺瑯製造メーカ) 14社
賛助会員(工業会の事業に賛同する者) 8社

事務局 東京都荒川区荒川7丁目20-1 イーストヒル町屋205号
事務局長 1名
委員会 技術委員会・苦情処理委員会
部会 器物部会・浴槽部会


一般社団法人移行に際して

 当工業会はほうろう製品の生産技術、品質、性能の維持向上とその製品の流通及び消費
に関して健全な発展を目指す事業を行い、更にほうろう産業の高度化と国民生活の文化的
向上に寄与するための施策を進めています。一般社団法人に移行後もこの目的に変わり
はありませんが、さらに具体的な実施事業を次のように進めます。
 実施事業(1)安全対策事業として、ほうろう器物(なべ、やかん、容器等)の品質及
び安全性について、当工業会が中心となって安全対策や品質表示に関する施策を行いま
す。具体的には、安全マーク並びにIH認定マーク制度の普及と推進を行います。
 実施事業(2)ほうろう産業の高度化、経営革新事業として、定期的な技術講演会の
開催、環境問題への対策と活動、ほうろうの規格策定に関する活動、並びに技術開発への
対応を実施します。また、これらの情報を広く一般にも公開していきます。
 なお、ほうろうに関するご質問、問い合わせ等を事務局で受けておりますので次のメ
ールアドレス(horo.or@nifty.com)にご連絡下さい。
 以上、今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。


日本琺瑯工業会のあゆみ
1976
S51年
日本琺瑯工業連合会を基盤にして社団法人として日本琺瑯工業会が発足
1978
S53年
第二次オイルショック(円高)
1983
S58年
ほうろう器物のアメリカ輸出が盛ん最大(70億円)
1984
S59年
ほうろう器物安全マーク制度の改正を新安全品質基準で実施
1985
S60年
「ほうろう鉄器製造業の経営戦略化ビジョン」策定し発表
1989
H01年
ホーローフェアー開催(焼成実演、新宿3月、三越8月、光が丘9月)
1991
H03年
バブル景気の崩壊
2002
H14年
安全マーク制度の改正を実施。ほうろう器物IH認定マーク制度開始(IH調理器用品質基準制定)
2004
H16年
ほう素ふっ素排水規制強化、暫定排水基準適用業種の認定を受ける
2007
H19年
ほう素ふっ素暫定排水基準適用業種の指定継続
2010
H22年
ほう素ふっ素暫定排水基準適用業種の指定継続
2012
H24年
公益法人改革により4月1日に一般社団法人日本琺瑯工業会に移行登記


組織図

一般社団法人日本琺瑯工業会
組織図



事業 技術開発の推進
人材育成
需要の開拓
消費者利益の増進
従業員の福祉の向上
部会、委員会活動による会員相互の協調
関係機関との連携


定款
役員名簿
平成27年度事業報告書
平成27年度収支決算書
平成28年度事業計画書
平成28年度収支予算書
Copyright(C) 2002 Japan Enamel Association. All Rights Reserved.