ホーローのなれそめ

icon ほうろうのなれそめ

ほうろうは漢字では「琺瑯」と書きます。覚えてしまえば簡単ですが、一見すると難しそうな字。さて、この「「琺瑯」という言葉、どこからきたのかといえば、実は定説がないのです。最も有力なのは、日本のほうろうに関する代表的な名著である森盛一氏の「琺瑯工業」という本に載っている説で「琺瑯という言葉は七宝質という意味で、梵語で七宝質のことを払菻嵌といい、それが次のようにかわった。

「払菻嵌→払菻→発藍→仏郎嵌→法郎→琺瑯」

という解釈。教科書などにもこの説が採用されています。このほかにはビザンチン帝国から転化したのではないかという説。7世紀ごろの中国の歴史家は、七宝工芸が非常に盛んであったビザンチン帝国のことをFu-linと呼んでいたためです。(Fu-linと前述の払菻にご注目を!)同様に国の名前が転化したものとされるのにフランク王国のフランクがなまったという説があります。ただしフランク王国では七宝が盛んだったのは12世紀。時期的にはビザンチンのほうが早いといえましょう。その他諸説がありますが、何しろかの有名なイギリスのブリタニカという百科事典にも「言葉の由来そのものははっきりせず論争のまととなっています・・・」と書かれているくらい。どなたか、これぞ決定版!という説をうちたててもらえませんでしょうか。

icon ほうろうの歴史

 ドイツのケルン市立博物館刊行のほうろうカタログ(EMAIL:Kunst・Handwerk・Indstrie Koelnisches Stadtmuseum 1981)によると、ほうろう掛けされた最初の金属は、金及びエレクトロンと呼ばれた金と銀の合金、稀に銀で、その後になってブロンズ、真鍮や鉄もケルト人やガロア人のほうろう加工に使われたようである。
 同書によると、現存するほうろう加工の最も古い証拠品は、エーゲ海のミコノス島の発掘品に由来し、紀元前1425年頃と推定されている。これは金の表面の凹みに青色のほうろうが充填されたもので、原材料の青色ガラスは、ミケーネ文明を彩る小さな玉や、飾り板に使われたのと同じである。
  こうしてミコノス島で発見された技術は、以後東はキプロス島、西はギリシャ本土へと二手に分かれて中東から遠く中国へ、片方はフランス、ドイツへと広がったと推定される。
 その何れの流れかは定かではないが、中国人が現代の七宝を呼ぶ琺瑯の文字は、仏菻に由来するとされている。仏菻は、大秦国(トルコ)又はビザンチン(現在のイスタンブール)を指すと云われ(中華民国故宮博物館刊行:故宮琺瑯器選萃 1971)、これが仏郎→琺瑯に転化したのがほうろうの語源と考えられる。しかし我が国では、これを古来七宝と呼び、鉄ほうろうの初期には瀬戸引きと呼ばれていたのが、明治の中頃から琺瑯の文字を当時の新製品であるほうろう鉄器の呼び名に使うようになった。

Copyright(C) 2002 Japan Enamel Association. All Rights Reserved.